誰が管理をするか

マンション管理会社の役割

分譲マンションの購入に際しては専有部の他に共用部も持ち分で購入することになります。共用部の管理や修繕のために月々管理費や修繕費を支払うことになります。マンション管理は居住者の管理組合の理事会によって運営されることになっていますが、理事会の理事の引き受け手がいなかったり、居住者が高齢化したりして実際にはマンション管理会社に管理を委託することが多くなっています。新築の分譲マンションではマンション管理を予め自社のマンション管理会社を管理の委託先として選定することを前提にマンションの売り出しを行うことが多くなっています。マンション購入者も管理組合が運営するよりもプロに行ってもらう方が安心と思っているようです。

管理会社は規模の拡大を図っている

分譲マンションが建設された当初はまだマンション管理会社という形態の会社が存在しておりませんでしたので、どこでも管理組合が共用部の管理を行っていました。通常は理事会で物事を進めていましたが、大事なことは総会を開催して決定しておりました。しかしながら、理事会の引き受け手がいないため理事長や理事が固定して、その結果として管理費や修繕費の不適正な使用等で問題になることがありました。一方、マンション管理を専門に行う業者が出て来て、管理組合の仕事を肩代わりするようになりました。管理会社はスケールメリットを狙って、多くの管理組合から受託することが業績の向上に繋がります。最近は管理会社のM&Aによる集中化が進んで来ています。